デリヘル嬢のまさかの速攻エクスタシー

明けても暮れても風俗三昧

デリヘル嬢のまさかの速攻エクスタシー

女の子の焦らしテクニックも相当なものです。「乳首舐められて感じる男の人ってこれも好きだよね〜」なんて言いながら攻撃を止めて顔に跨っての顔面騎乗です。これは乳首関係なく、男なら誰でも好きでしょう。それでもおまんこ臭きつかったらつらいな、なんて思ったのですけど、若いからか無味無臭でほのかに香るケモノの雌の臭いがナイスですよ。そのままシックスナインの体勢になるのかと思いきや、ずっと騎乗スタイルのまま私に舐めろといってきているのです。デリヘル嬢は両手で乳首とつまんでは乾いてきたら自分の唾液でさらに乳首をコリコリしてきます。これがもう気持ち良すぎて、おまんこの中から流れてくる淫汁がだんだんとねっとりとして臭いもきつくなってきましたよ。女の子が腰をグラインドしてきたのでベロを硬化して付きだします。それにクリトリスをあてるようにさらに動きが激しくなって、そのままがくんと体が落ちていきました。仕事を忘れたのか仕事の延長線上なのかまさかの激しいエクスタシーでしたね。